- ごしまについて -

うどんに浪漫あり

遣唐使の時代うどん文化は、大陸から海を渡り日本各地へ広がりました。

うどんのルーツ「五島うどん」

遣唐使の時代に、五島列島に伝わったと言われる五島手延うどん。
元寇の役に捕虜となり、五島に住みついた中国人が教えたなど、数多くの伝承が残っており、起源は確かではありませんが大陸から伝わった事は、間違いないようです。
五島列島は、その昔遣唐使の寄港地で、東西文化の重要な中継点でもあったのです。つまり、五島は中国をルーツとする麺伝来の路であり、日本の麺ロードの拠点でもあったのです。

日本三大うどん 五島手延べうどん

日本の三大うどんのひとつ「五島うどん」は、五島の風土に育まれ、歴史と伝統に培われた自然食品です。

幻のうどん

五島という麺作りに適した気候・風土の中で麺職人の工夫により独自の食文化へと発展した五島手延べうどん。その希少性の高さから「幻のうどん」と呼ばれ、希少価値は全国の麺通の間では定評があります。

細くてコシが強い「五島うどん」

五島うどんは島に自生する椿からとれる食油としては最高級の椿油を使用しています。
独特の風味を生み、コシの強さと共に、品質の良さを保ちます。

五島の風土が育てた伝統の結晶

その日の天気に合わせて、日々うどんと向き合い、気を抜くこともできないうどんづくり。
秘伝といえる美味づくりは、受け継がれてきた技と自然との対話にあります。

五島手延べうどんが出来るまで

毎日が気候との勝負。培われた職人の「カン」がいかされる美味しい麺づくり。

※参照ページ・長崎県五島手延べうどん振興協議会

http://www.goto-tenobeudon.jp/index.php